立教池袋中学校・高等学校

入試に関する英語科からのコメント

高校入試(英語)の対策として

英語 本校の入試においては、英語でのインタビューで話す力を、エッセイ・ライティングで書く力を測ります。

  • ・インタビューでは日常的かつ一般的なテーマに沿った質問が英語でされ、それに対しての意見・考えを自分の言葉で表現する力が問われます。平素からある程度のスピード感を持って相手の質問に答えられる練習をしておくとよいでしょう。日常会話でよく使われる表現を単語のレベルにとどまらず、言い回しあるいは文のレベルで使えるようにしておく必要もあります。
  • ・和文英訳ではなく、与えられたテーマに沿って自分の考えを表明するエッセイ・ライティングに関しては、日ごろ思っていることをテーマを決めて100語以上の英語で書いてみる、できればネイティブスピーカーや英語の出来る人にチェックを受ける、という練習が役に立ちます。日常生活でも、「英語ではどのように言うのだろう」という疑問を持ち、その都度調べるという姿勢が表現の幅を広げてくれます。
総じて言えることは、入試に特化した学習というよりは、インプットはもちろんのこと、適格な表現を間髪入れずに使える(口頭、筆記)レベルにまで高めておくことです。日常生活や娯楽、趣味などに英語を取り入れ、日々少しずつでも本物の英語に触れることです。

ページの先頭へ戻る

立教池袋中学校・高等学校
〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-16-5

Copyright © 2010 Rikkyo Ikebukuro Junior & Senior High School. All Rights Reserved.