立教池袋中学校・高等学校

ニュース

校内電力節約の実施について

2011.04.07

生徒・保護者各位

 この度の東日本大震災によって、東北地方の原子力発電所や火力発電所は甚大な被害を被りました。この為、首都圏では深刻な電力不足状態に陥り、政府は企業をはじめ都内各学校にも節電対策を要請しています。節電は国民自らの生活を守るだけではなく、被災地の復興を後押しすることにつながるものです。

 本校ではこのような現状への対応として、電力供給力不足に対応する次の節電対策を実施することにいたしました。(詳細については、PDFファイル「自主行動計画(1)及び(2)」をご覧ください。)

ご不便をおかけしますが、皆様にはぜひともご理解の上ご協力のほど宜しくお願いいたします。

電力節約の実施について

(1)照明関係 ・学校時においては授業に影響のない範囲で実施する。
・早朝・放課後・土曜・休日の減灯や消灯をする。
・各部屋の不要な照明の消灯を徹底する。
・校舎階段の常夜灯(東西)の蛍光管を撤去する。
・廊下照明(蛍光管)を最小限に制御する。
・廊下窓際の照明を消灯する。
・廊下ダウンライト照明を最小限に制御する。
・職員室の連絡階段・ダウンライト・給湯室前・喫煙室前を消灯する。
・校舎外の照明は、午後6時以降消灯する。
(2)空調関係 ・原則として4月・5月の校舎全館の空調を停止する。
※寒さ対策として、各自カーディガン等の準備をする。
※保健室には別途対応する。
・教室換気の場合は「普通換気」とする。
(3)電気機器関係 ・PCなどを「省エネモード」にし、不要時には電源をオフにする。
・教職員の退校の際はPCの電源をオフにする。
・使用後の電気製品の電源はオフにするかコードを抜く。
・教職員室の最終退出者はすべてのプリンター電源をオフにする。
(4)その他 ・エレベーターの使用は、身体の不自由な方や大型荷物搬出入時のみとする。
・教職員の退校時間を原則として午後9時を目途とする。
・空調・換気フィルターの清掃
・自販機の照明停止 など

ニュース検索

ページの先頭へ戻る

立教池袋中学校・高等学校
〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-16-5

Copyright © 2010 Rikkyo Ikebukuro Junior & Senior High School. All Rights Reserved.