立教池袋中学校・高等学校

主な学校施設

校舎

立面に古典的材料であるレンガを基調とし、現代的材料のコンクリート・金属パネルを階層で使い分けて「凛とした男子の姿」を表現している。

チャペル

1920年に建てられ東京都歴史建造物として指定。正式には立教学院諸聖徒礼拝堂と呼ばれ、学年礼拝などが行われる。

タッカーホール

立教大学の基礎を築いたタッカー主教を記念して建てられた講堂。本校では、入学式、卒業式、などの大きな行事が行われる。

メモリアルゾーン

明治・大正・昭和時代の礎石は、立教中学校の歴史を物語る証として保存。明治時代の礎石から明治27年に埋設のタイムカプセルが発見された。

緑化フェンス

グリーンベルト。アクセントウォールにもレンガを採用して校舎とのバランス、景観を考慮している。

センテニアルホール

多目的ホールとして使用でき、音響にも十分配慮している、256席の移動観覧席を設置し、最大450人収容できる。

チューダーアーチ

中世イギリスのチューダー様式でゴチック調フランス積みホフマンレンガを用いている。

コミュニケーションロビー

3階の普通教室前廊下に幅広くゆとりある環境を配置し、多目的に使用できる空間を設置。

玄関横ラウンジ

来客、生徒・保護者及び教職員の団欒の場などに利用している。

カフェテリア

南北に窓を持つ明るく開放的な空間を演出。売店を併設し、休み時間は多くの生徒が集まる。

保健室

校舎1階の中央にあり、グラウンドへも近く、生徒の通り道に配置している。

相談室

心理・保健・生活・宗教の4分野による相談室の専門教員が担当し、生徒・保護者が相談できる部屋。

ページの先頭へ戻る

立教池袋中学校・高等学校
〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-16-5

Copyright © 2010 Rikkyo Ikebukuro Junior & Senior High School. All Rights Reserved.