立教池袋中学校・高等学校

清里キャンプ

清里キャンプは、山梨県にある財団法人キープ協会の清泉寮などを利用して、中学1・2年生が5月中旬~下旬に3泊4日で実施しています。このキャンプは、祈りに始まり祈りに終わる宗教的な雰囲気の中で、規律正しい集団生活を体験し、各種のプログラムを通して、生徒相互、先生と生徒の交わりを深め、自然と自己を見つめる機会としています。以前は中軽井沢のみすず山荘で行っていましたが、中学1年生は2000年度から、中学2年生は1991年度から、清里で実施するようになりました。
キープ協会は、戦後、元立教大学の教授ポールラッシュ氏によって設立され、近年では自然体験型環境教育に力を注いでいます。本校では、早くからキープ協会環境教育事業部と提携して、2年生でこの環境教育のプログラムを実現してきました。生徒はレンジャーと呼ばれる専門スタッフとともに、夜の森にライトなしで入るナイトハイク、木こり体験、酪農体験、ネイチャーゲーム、道草ハイクなどのプログラムを体験します。その内容は、いわゆる自然学校と一般の学校が提携して行うものとしては、質量ともに他に例を見ないと言われています。1年生では、班別ハイク、登山、スタンツ大会などの仲間作りを目的としたプログラムを中心に展開しています。

ページの先頭へ戻る

立教池袋中学校・高等学校
〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-16-5

Copyright © 2010 Rikkyo Ikebukuro Junior & Senior High School. All Rights Reserved.