立教池袋中学校・高等学校

特別プログラム

キャリア学習

高校1年「キャリア学習」は、高校生活をスタートする5月に実施します。長い人生の中において高校生は人生の夜明けに位置します。これまでの自分を振返りながら、これからの高校生活、さらに自分の人生をどのように価値あるものとして生きて行くのかを考える機会と位置づけています。具体的には、キャリアの考え方について立教大学教授の講演を伺い、「職業・仕事」について調べ学習をした上で、フィールドワークを行い実際に働いている人々へのインタビューを行います。インタビューでは各分野で活躍されている立教のOBの方々に話を伺うことができました。そして、それらの内容をプレゼンテーションし、学年全体で共有できるように考えます。普段接することがない方々と接することで生徒の学びは深いものになっています。

大学教授による特別講座

高校1年の特別プログラムのひとつに、立教大学教授による特別講義があります。各学部から一人ずつ教授が来校し、専門研究の内容がどのようなものか、なぜその研究が必要かなどについて、経験談をおりまぜて、わかりやすく話してくれるというものです。生徒からの評判は、すこぶるよいようです。これをきっかけに大学の志望学部が決まったり、問題意識をもちはじめたりする生徒が多くいます。大学進学が内部推薦で行われる本校では、学部説明と並んで重要な進路指導の時間になっています。

TOEIC週間

資格や検定は学習の最終目的ではありませんが、自己の取り組みを客観的に社会にアピールする手段として、重要性を増しています。TOEICは、特に実社会で求められる英語力を測定する最も定評ある公的テストとして広く認知されています。TOEIC週間では、高校3年生が日頃積み上げてきた英語力に磨きをかけます。講師を招いてのTOEIC受験に向けての準備、字幕なしでの洋画鑑賞、さらには本校オリジナルの速読ドリルを通し、大学やビジネスで求められるスピード感溢れる英語運用能力の涵養を図ります。

ページの先頭へ戻る

立教池袋中学校・高等学校
〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-16-5

Copyright © 2010 Rikkyo Ikebukuro Junior & Senior High School. All Rights Reserved.