PATH進路について

立教池袋高等学校への推薦制度

本校では中学校・高等学校の一貫連携教育に取り組み、中学校から高等学校への推薦制度を設けています。

立教池袋高等学校への推薦基準
中学校から高等学校への推薦は、中学3年中期において、中学1年・中学2年を含む全教科合格であり、かつ生活指導上特別な問題
がないことが推薦基準となります。

立教池袋高等学校への進学者数
推薦制度を利用し、例年9割程度の生徒が立教池袋高等学校へ進学しています。※年度によって進学者数の割合は異なります。

立教大学への進学

卒業生の9割が立教大学に進学

立教大学への推薦制度により、例年卒業生の9割程度が立教大学に進学しています。高校1年生より実施される大学教授による「特別授業」や、学部・学科説明会などを通じて、立教大学ではどのような学問、研究が進められるのかを知り、それぞれの進路を考えます。

立教大学への推薦制度

立教大学モリス館アーチ

推薦入学の基準と条件、学部学科の決定方法

1.高等学校が定める卒業に必要な単位を修得していること。
2.学校生活上の状況が良好であること。
3.立教大学への進学を希望し、勉学の意思を明確にもっていること。
4.卒業研究論文を提出し、認定されること。
5.英語について一定の能力を習得していること。
6.高等学校長宛に自己推薦レポートを提出し、認定されること。

学部・学科の決定方法
高校3年間の学業成績と卒業研究論文、自己推薦の各評価をポイント化して、その合計で推薦順位を決めます。その順位の上位者から自分の希望の学部・学科を選ぶことができます。ただし、それぞれ学部・学科には推薦の人数枠があり、その枠を越えた場合は第2・第3志望の学部・学科ということになります。

立教大学以外への進学

本校では、受験のための授業や講座は基本的に設けていませんが、立教大学にはない学部への進学を希望する生徒のためのサポートを行っています。また、指定校推薦枠を活用して立教大学以外の大学に進学しています。

立教大学卒業後の進路

立教大学では4年間を通じたきめの細かなキャリア支援を行っており、キャリアセンターと学部のダブルサポートで様々なキャリア・就職活動をサポートしています。本校の卒業生も様々な業界で活躍しています。