2021/09/11 (SAT)

文芸部(高校)全国大会結果

文芸部(高校)が、以下の大会で優秀な成績を収めました。

第2回 センバツ!全国高校生即吟俳句選手権(21/8/8:オンライン開催)
第6位 辻村 幸多さん(1年)

第24回 俳句甲子園 全国大会(審査結果オンライン21/8/22:愛媛県松山市)
優秀賞(神野紗希選)  Bチーム‐三宅 爽太さん(1年) 「蝉は雪を見たくて殻に目をのこす」
入選         Aチーム‐丹羽 隆樹さん(3年) 「末筆のやうに茄子を焼いてゐる」
           Bチーム‐赤松 優さん(1年)  「臭き犬のしづかに待つてゐる日陰」
※今大会はコロナ禍の影響で、全国大会出場校32チームからさらに投句審査により上位4チームが選出され、その上位4チームが松山市において準決勝戦・3位決定戦・決勝戦を行うという形式になりました。本校の3チームは、残念ながら松山に行くことは叶いませんでしたが、見事個人賞を受賞しました。