家庭学習におけるMicrosoft Officeツールの活用(高1英語)

本校の英語の授業は週7時間。「コミュニケーション英語Ⅰ」(高1)では、家庭でもスムーズに英語学習ができるように、MicrosoftのOfficeツール「Teams」「Forms」「OneNote」を利用して授業を展開しています。

「Forms」「Teams」の活用

「Forms」で作成された確認テストが「Teams」の課題として配信されます。Lesson毎に授業内容のおさらいやワークに取り組み、家庭学習として確認テストに取り組むことで、知識の定着を確認し、授業時間をフルに活用することが可能になっています。

「OneNote」の活用① 音声データの提出

生徒は「OneNote」のボイスレコーディング機能で直接録音します。録音データは「Teams」のクラスノートブック機能を使って提出。個別にフィードバックをすることで、生徒も一目で評価が確認できます。音読テストは授業で行うと時間を要しますが、録音させることで時間短縮につながります。また、「録音⇒提出」の作業を通じて、より積極的に練習するようになり、技能の向上につながっています。

「OneNote」の活用② 授業記録を共有

従来では黒板に書いていた板書を「One Note」に記録することによって、後からいつでも授業記録を閲覧でき、復習できるようにしています。やむを得ず学校を欠席した場合も、授業記録を見ながら内容をおさらいすることができるようにしています。