Technology & Home Economics / Informatics技術・家庭 / 情報

実用的・効率的な情報技能を身に付ける

技術には情報系とものづくり系という2つの大きな分野がありますが、本校ではコンピュータと情報を中心にして、実用的な技術を扱っています。
中学ではワープロソフト、プレゼンテーションソフトを学び、高校では表計算ソフトを使いこなせるように練習し、最終的には卒業論文でのプレゼンテーションにつながるような連携を考えています。企画から資料作成、編集、発表まで、自分のやりたいこと、言いたいことを効率的に実現することが目標です。また自分でプログラムを作成すること、動画を作成することにも挑戦しています。

毎日の生活を主体的に考え、生活者として自立する

家庭科は、単に「料理や裁縫をする」だけでなく、「自立した生活を送るために必要な知識・技術・態度を育てる」科目です。そのため、被服製作や調理実習を通じて実践的な技術を身につけるとともに、自分の成長を振り返りながら家族のあり方について考え、消費生活や環境問題、住まい方についても学んでいきます。身近な課題からアプローチをし、実感をもって学習することにより、生活者としての意識を高め、より良い家庭生活や社会生活を営むための基礎的な考え方を養います。