Physical Education保健体育

健全な心身を育み表現力や判断力を培う

中高生は身体的にも精神的にも著しく成長します。この時期に仲間とともに体を動かし協同することは、情緒面の発達を促し、協調性を身につけ、表現力や判断力を培うことに繋がります。この6年間で気づくことのできる課題に向き合い、心身の健全な成長を促します。

個々の運動技能に合わせた段階的授業の実践

中学校では得意な生徒でも苦手な生徒でも技を習得する達成感や喜びを味わえるように、個人の技能に応じて段階的に授業を展開しています。そのために10領域の運動を適切に展開し、スポーツのルールや技の基礎を身につけていきます。
高等学校では、中学校で身につけた基礎の上に発展した内容を加え、スポーツとの様々な関わり方を学びます。2,3年生では、学期ごとに5つの種目から希望に応じた種目を選択して取り組みます。
授業を通してスポーツの魅力をより理解し、個々の能力を活かしながら、生涯にわたって運動を楽しめるようになってほしいと思います。