Japanese国語

言葉と文章を学び、思いを探る

世の中には言葉があふれています。言葉は自分自身の思いを表現するものであると同時に、他者との触れ合いの道具でもあります。自分の思いを上手く言葉に表すのはとても難しいことですが、身につけることで日々の生活は豊かなものになります。本校の国語では、様々な言葉に触れながら、その言葉の背後にある人の「思い」を探ること、そして自分自身の言葉をつくりあげていくことを学習の原点に据えています。
また過去の優れた文章を学び、先人たちの思いに触れることにも大切にしています。そのため授業では、文章を解釈することはもちろんですが、文学的な作品、特に昔から読み継がれてきた名作や詩歌などを中心とした古典を読み込み、深めていくことに力を入れています。

自分の言葉で表現する喜びを味わう

国語の時間では、生徒が自分の作品をつくることを重視しています。行事の後には必ず作文を書きますし、夏休みには読書感想文も書いています。またエッセイや主張文も毎年書いていますので、作品と共に自身の成長も感じられることでしょう。高校では卒業研究論文を書きますので、その書き方も取り上げて学んでいます。
そしてこれらの作品を様々な機会に発表することで、表現する喜びを味わうことができるようにしています。コンクールなどに応募したり、授業の中で発表することで共感してもらう喜びを感じたり、文集に載った友人の作品から何かを発見したりすることもあります。こうして発表の力を磨くことで、豊かな表現力を身につけられると考えています。

各学年での学び